読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やねうらの夢日記

夢を外へ連れ出して

夢日記 9/8 7:00頃〜16:30まで

父&母と一緒にどこかに向かっている。裏路地の交差点で信号待ち?なのか?止まっていると、病院に小学生軍団が入って行く様子が流れた。「あっ!◯◯(地元)だ!」と、放送されているテレビ感覚で父が食い入るように見ていた。検診だとしたら学校に来てもらうだろ普通…とかは思わなかった。夢の中ではよくある光景ということになっていた。あっ!と思い、車の背後を振り返るとやはり、私が映っていた。そうだ、先日ここを歩いたときに小学生と出会ったのだった。どこへ向かっていたのかは忘れたが、父には気づかれないようにしていたらしい。地元の特集される他の放送があることを教えてみたが、それは興味がなさそうだった。
先に進み、大通り沿いの歩道、垣根があちらこちらにある(中華料理屋、コンビニ、100円ショップへ別れる道を過ぎたあたり)で、ねこが首を伸ばして斜め上を見ている置物がたくさん並べてあった。そこに野良猫がきて、全く同じポーズで並んだ。私は撮り逃すまいと思いスマホをポッケから取り出す、なぜかガラケーだったが後で送ればいい、かまわん。しかし撮る頃にはもっと大勢のねこが集まっており、一瞬しかそのポーズをしてくれないため撮ることは出来なかった。
目的地に着くと、私はまたもやガラケーで何かをしていた。何も出来ないはずだが。室内の階段3段くらいしかないところを上った先に門番的に立っていた小学校低学年くらいの女の子と何か話したが内容は覚えていない。
2つしかないトイレ待ち、女子トイレだけどなぜかおじいさんもいた。
なぜかトイレの扉側についてる鏡を覗き込むと、確実に星野さんが映っていた。しかしここは一般人の女子トイレ、後ろを振り返ってもいるはずがない。「そうか!私大好きだから、等々幻覚がはっきり見えるようになったんだ!」嬉しかった。他の子に自慢しようと試しに見せたところ、見えると言われた。見えるんかい。どうなってるんだこの鏡。欲しい。
私はまだ短大生の様で、卒業間近か、面接前か、みんな緊張した面持ち。
その緊張をほぐすために星野さんがきっと映ってくれたのだと思う。
体格の良い1人の女の子が「抱きしめて」と言ってきたので、緊張しているのだろうと思い、言われるがまま抱きしめた。すると、背中にまわった手を力任せに、私の背骨を押し込み圧迫してくる。苦しい、折れる、死ぬ。「苦しい、助けて」と声を振り絞るが周りにこんなに人がいるのに皆あまり関心を持ってくれない。近くを通りかかった若い男性教師(知らない人)が気づくと周りも反応し出す。へろへろになりながら外に助けを求めに行く。
どうやら今は夜、雨の中人数を区切りつつの避難訓練中の様だ。誰のかわからない長靴を履き、黄色いレインコートを着た生徒の先頭にいる女性教師に帰る許可を貰いに行く。勝手に帰ればいいのに。しかし背骨が折れているかもしれないに対してとても面倒くさそうに対応された。なぜ??他の教師も集まりやっと事情を理解してもらった。倒れた。宴会場の様な部屋に戻ると、やはりこれが最後の登校だった様でみんなが作った料理で低い長テーブルが埋め尽くされていた。一番の友達も家からタッパーでおにぎりと何か持ってきてくれた形跡があった。他の子が作ったロールケーキの余り、それ余りじゃなくて私もらってない…。カレーもあったみたい。

夢日記 8/23 8:30〜20:10まで

たくさん人のいる中で母が刺された?のか妹と私で逃げる。父の車の後ろが特殊な倒れ方をするのを覚える。母の車は助手席の扉がはずれ、なぜか犯人と間違えられているので次々と怖い男がドアをこじ開けにやってくる。私はなんとか直そうとするが、母はずっと治し方をスマホで検索してる。私はとりあえずドアを押さえるのが先だと必死になる。父の車後ろにお菓子とか置いて買い物に出た。溶けないか心配だった。ペンション?みたいなところに泊まるのか、隣にゴルフ場があるところのガラス張りの部屋のカーテンを必死に閉めてた。妹はキラキラした作品をたくさん並べてた。
手芸店社長?私が知らない倉庫の階段降りて、途中でパイプハンガーにかけてあった、コードがぐるぐるしたやつにを見たらハッとしてやる気をもらって(なぜ)、それと金魚を持って(ホームセンターのペットコーナーに繋がってて金魚が超大量入荷されてる最中で業者とたくさんすれ違った)、やる気がでたことを言いに行った。社長も金魚の袋を片手に持っていたが、じゃまになるので向かいのホテルで話そうと言われた。15分くらいしか時間は取れないそうなので急いでエレベーターに乗った。横にぐるぐる巨大な円を描くように動くタイプみたいで、モノレールのジェットコースターみたいな感じだった。床がガタガタしていてぬけそうだった。やっと2階別館について降りるも、エレベーター内がかなり広いので電車なみにかき分けて降りなきゃならず、さらに出るゲートに何度も挟まれ音がブーブーなってたがどうやら入り口と出口は分かれてるらしく、間違えたらしい。しらんわ。
北海道旅行?に来てるみたいで、父弟菅田◯暉さんと誰かもう2人男が買い物してる。そしてなぜか客なのに障害のある方が入浴出来ないの分の世話みたいなのをしないと先に進めないシステムだった。菅田◯暉さんは鬼の仕事で抜けた。

夢日記 8/9 15時頃まで

ショッピングセンターゲーセンクラスメート?と
ベランダで3つしかないボタンで親に迎え電話かけまちがえる 近くにいた母そっくりの人襲ってくる、逃げる、妹みたいなのとかと、散々争って風呂の準備するタイルをキティーの小さい板とかで作る

木とか動物を夢の中だからと思うように遠くまで動かす像に乗ってピンポイントに降りようとするが乗ってたはずのが亀で壁に当たって甲羅が割れて貴重な品種なのに余命
1ヶ月なる


ヨーロッパ?ガンジーみたいなおじいさん いらいら、してる銃とた別でで持っしてにげる

夢日記 8/4 05:08以前

コーディネートババア
不動産屋?「おへやのコーディネートを、…」のセリフが一分に一回くらいのペースで入ってる
メアリばかり見たがる弟
常にいる母方の従姉妹家
とれない頑固な油汚れを客来てから洗い出す

夢日記 7/23 19時 〜7/24 4:45

大学仲良しの友達と遊びに来ている。13時くらいに待ち合わせてて、さあごはん食べに行こうかってなったらもう食べてきたって言われてしまった。仕方なく私だけなにかちょっと食べようと思ったが、外の狭めのアーケードみたいなところが全部出店やフードコートみたいになっててジャンクフードが選び放題だった。そこを抜けると、大分になってて、以前数人で行ったときの風景だった。今回は2人でまたきたらしい。

母が煮たカボチャとスパゲッティでクリームパスタを作ろうとしていたので、カボチャは別にしてトマトソース系にしてほしいと頼む。しめじも入っていた。なぜかキッチンは昔住んでいた方の家のコンロだった。出来上がったものは見た目がかなりピンクで明太クリーム風だったが、美味しそうと思いながら自分の部屋(今の)ベッドまで運んだ。普段は自分の部屋に食べ物を持ち込むことすらない。

保〜中まで幼馴染の女の子と、中学校だけ部活が一緒だった優しい女の子とが、小学校を休んだ子にお便りを届けに来るかのように、社会に戻れなくなってる大人を連れ戻しに来たようだった。タンスの奥が廊下になっていて、長い間手紙を読んでくれたようだが、私はベッドに寝ていた。両隣には誰かが座っていた。

いとこ家族が今の家に来ている。私が床に座っていると、ウコンの力の新バージョンとして、曲はドリンキングダンスのまま、星野さんとキンコメ今野さんともう一人、そのくらいの年でどちらかというと渋めな顔の俳優さんがサラリーマン役みたいな感じで出演していた。周りの目を気にせず写真を撮った。    廊下入り口際にいて、妹に新聞のテレビ欄を取るように言ったが、いつも通りぜんぜん聞いてくれない。ソファから身を乗り出して取ろうとする。   夜遅かったのか、誰かしら風呂に入り始めなければと思い、「では私が一番で」と手を挙げるも、誰も乗ってこない。祖母や叔母さんに聞いても父の後でと言うので、結局私が一番に、風呂場へ向かう。すると脱衣所に、握りこぶしくらいのサイズの、どちからというと中心部の割合が大きめなクモがいた。網とかはなかったので、足音で廊下へおびき出そうとするが、一旦タンスの後ろに隠れようとしたり、とても夢とは思えない動きだったここまでは。しかし一旦廊下へ出ると、普通はちょっとずつしか進まないところを、一気に廊下の角を曲がり、部屋の入り口まで物凄い速さで進んできて、ドアの裏にいた私の足元まで近づいてきたので叫び声を上げると、その声で目が覚めてしまった。 起きてすぐは寝ぼけていたのか、現実世界にクモをそのまま連れてきてしまったと思った。 おわり。

夢日記 7/20 6:30?〜19:30まで


学校?しらないところだけど、横何列かに並んでて、となりさっく、たぶんまだ高校生の設定で、同じ高校の人のご両親がなくなったと報告される、tlから女の子本人が少しずつ消えていく、なんか背後に気配を感じ、端っこだった私は列の中ほどへ逃げると巨大蜘蛛の幽霊?が幕の後ろにいたようで、右からチラリしていなくなったとおもったら上から怖い顔のオトコが覗いてた、そいつらは移動するから通り過ぎた後の人たちは隙を見て逃げる。小学校のいつもの門の方は逆だったので反対に走って逃げる、そっちから帰ったことはなかったが、自衛隊が訓練してたので通れない。すると小学校同級生男子3人くらいと、元同僚男がどこか部屋に集まるみたいでついていく、廊下に学校のカバンを置き、入る、窓際に集まる。するとMVの撮影を丁度これから源さんと綺麗な女性達がするところに出くわした。部屋の中からこっそり覗きそれぞれ夢中。10人くらいで見ていた。しばらくすると部屋のドアが開き、ヤンキーの先祖リーダーみたいな男と着物着た女将さんみたいな人が来て、何か怒られた。
隣のクラスで授業をこっそり受ける、出席番号順で当てられ、普通に答えるが、特に驚かれない。しかし、自分のクラスも国語だったようで、そっちのクラス担当の先生が探しに来る、こっそり教室に戻り、席に座る。いっときして怒られる。
刺しゅう細い葉がシュッとなった先に薄ピンクの点の花がポツポツと付いてる花の刺しゅうを夢を見て、忘れないうちにメモしようとベッドの上でメモするが、元同僚のキラキラ2人が話しかけてくる、太いペンなのでうまくかけない。

家に中学まで同級生の男の子の子が来てる藤 母が帰ってくるなら2じ半すぎだよと言っていると丁度帰ってきて、じゃあ帰るねみたいになって外に出ようとしたが、妹の誕生日だったようで、ケーキを冷凍庫にいれなきゃってしてたので外に先に出ててもらって冷凍庫の容量を開けた、外に出てみると庭の橋の向こうの石を幾つか飛んだ先に自転車を止めていたみたいで取り出せなくなっていた、なぜそんな変なところに止めたのか。わたしが念力でコンクリートのところまで持ってきた。夢だと思っていないのに珍しく念力が使えた。
家の庭が温園庭?入り口は魚類に始まり、ドリーみたいなやつや、頭がしゅるっとつのみたいになってる黒っぽいやつ、など、近づくと音声案内が流れる。ビニールハウスで囲まれてフクロウやら様々な動物がいる、自分の庭自体に放たれてるわけではない。ちゃんとお世話係の人がいて、年間いくらかかってるみたいなてれびの取材受けてた。
あられが写真撮りたがってたからフラッシュしなければ大丈夫だと言った。

夢日記 7/17 2:00〜 17 16:30

前の仕事に戻る夢。初めは「全員そろうのは久しぶりだな」と胸を踊らせていたが、直前になって私がしきなればならない状態と知り焦る。会場はよく行くところだが、今までない程の超満員で更に焦る。出番前になり、主役はもうステージ裏に控え、積極的なゲストも来ていたようだった。30分はあるはずだったが、なぜか一瞬で終わりほっとしたのもつかの間、カメラを持ってステージの写真を取らねばならないのに忘れて来ており、なぜか壊れたはずの自分のガラケーは持ってきててそれで撮ろうとしていた。しかし画質が悪すぎて、ファンの方が撮ったものを赤外線受信で貰おうとしていた。終わった後に、ハリボテ感が否めないことに気づいた。

室内にいたのだが、どうやら時代劇の控え室だったようで、そこにいると着替えの邪魔になりそうだったので、誰もいない廊下の隅っこに移動した。先ほどの部屋は5メートル程目の先、両脇には居酒屋のような小上がり席で頭より下は完全に木の壁、上は柵のようになっていた。すると、先ほどの部屋の柵に、外から刀がゆっくり、ゆっくりと刺されていった。部屋の奥まで届くのではないかと思うほどの長さのもので、こちらも危ないかもしれないと思い、なぜか持っていた自分の刀に手を構えると、左の柵の向こうにいたその時代の一般市民のような男女が私を敵だと思ったのか、なぜか刀ではなく田畑を耕すときに使う三又のもっと鋭利で女性にも使いやすく小ぶりなものでふりかかってきた。刀で対抗しようとすると、「それ痛いから」と、冷静に突っ込まれ、平成から来たのにかなり時代遅れな扱いを受けてしまった。三又も充分痛かった。

学校の2階以上の教室。ベランダに出てるのが良くなかったのか、他3人と共に怒られ雑巾がけをさせられそうになるが、私だけ仲良い他の人と間違えられてすました顔で逃れる。西内◯りやが主演の架空のドラマか映画の予告を学校の教室でみた後、「もしかして今のこの状況はこれと同じなのでは?」と思う。

保育園時代、初めて出来た友達と(中学ましか知らないので姿は中学生のままだった)敵対する他の誰か女性に何か文句を言われ、いないうちに二人で食べるが帰ってきたらゴミ袋に捨てた。この夢はよく覚えていない。